壁面緑化を行う企業が増えている理由とは?人気があるメリット3選

地球や自然保護をアピール!

壁面緑化を行っている企業が増えているのには「自然保護に取り組んでいる」といったアピールをする事が出来るといった理由が挙げられます。実際に、植物の持っている働きから問題視されてえいるヒートアイランド現象の緩和効果がある事は有名ですよね。その一方で意外と知られていないのが雨水流出の緩和効果です。コンクリートが多く、土が少ない都会ではゲリラ豪雨等の激しい雨が降ると浸水等が起きます。壁面緑化によって植物に少しでも雨水を吸収させる事で水害を抑える事にも繋がるんですよ。

バツグンの省エネ効果!

建物の壁面を植物で覆う事で室内の温度を下げる効果を得る事が出来ます。暑い夏には温度上昇を抑えて冷房の省エネ効果に期待する事が出来たり、冬には植物の光合成の働きで保湿効果に期待出来るといった省エネ面でもメリットもあるんですよ。また、壁面が直射日光に晒されない事や酸性雨に当たらない事で建物の劣化を防ぐ事も出来ます。壁面の温度変化幅が少なくなるといった特徴もあり、熱収縮を抑える効果も得れます。電気代だけではなく、メンテナンス費用等の様々なコスト削減が出来る事で利用者が増えているんですよ。

空気の清浄と癒やし効果!

都市部では自動車の排気ガスや冷暖房による空気汚染が問題視されていますよね。壁面緑化を行う事で汚染された空気を清浄する事が出来る事も大きなメリットです。また、植物を眺める事で精神の安定や疲労回復の促進効果がある事も確認されていて、ストレス解消をする事も出来るんですよ。壁面緑化と同時に建物周辺に休憩スペースを用意する方も多く、コミュニケーションの場として多くの方の憩いの広場にする事も可能となっています。

壁面緑化とは建物の側面に蔦類などの植物を植えることで夏場における建物内の暑さを緩和する方法の事です。