スマートに食事をしたい!中華料理のテーブルマナー

まずは円卓の席次に注意

中華料理のレストランでは、円卓に座ることが多いです。四角形の座卓やテーブルの席次は分かりやすいけれど、円卓の席次となるとどう座ればよいか迷ってしまいますよね。円卓の席次は四角形の座卓やテーブルと同様に、入口から最も遠い席が上座、入口から最も近い席が下座です。さらに上座から見て左側が2番目の席、右側が3番目の席となります。以降、上座から見て左、右の順番で席次が決められます。同程度の地位の人が複数いる場合、男性と女性ならばレディーファーストにするのが良いですよ。

回転テーブルの使い方

中華料理の食事で大活躍するのが、回転テーブルです。回転させるだけで物の受け渡しができて便利なので、たくさんの物を置きたくなってしまいますよね。けれども、置いて良いのは、料理の大皿や未使用の取り皿、お茶の急須、調味料など、共有する物のみです。ビール瓶やグラスなどの倒れやすい物は、危険なので置かないようにしましょう。テーブルを回転させるときは、他の人が取り分けていないかどうかを確認してから、時計回りに回すと取り合いになるのを防げます。

食事のときの食器の使い方

中華料理を食べるときに、器を持ち上げて食べたくなりますよね。中華料理では箸やレンゲ、グラスを持ち上げるのは良いですが、器を持ち上げるのはマナー違反です。器を持ち上げられなくても、レンゲを使いこなせば快適に食事ができますよ。レンゲの溝に人差し指を置いて、柄を親指と中指で挟むと、レンゲが持ちやすくなります。さらに麺類を食べるときは、箸を使って一度麺をレンゲに移した後に口に運ぶようにすれば、汁が服に飛び散らずに済みます。

肉まんとは中華まんの一種で、豚肉の餡が饅頭に包まれている食べ物です。地域によって呼び方が変わり、関西では豚まんと呼ばれています。